Home Tags Delinquencies

Tag: Delinquencies

FICO score chart 2019

Average FICO score stands at record high | 2019-09-16

The average FICO score stands at 706, a record high, said Ethan Dornhelm, vice president of scores and predictive analytics at FICO. That compares...
LendingTree: This is how a foreclosure really impacts a borrower's pursuit of homeownership | 2019-09-12

LendingTree: This is how a foreclosure really impacts a borrower’s pursuit of homeownership |...

In 2018, there were more than 600,000 American homes in foreclosure. While this total seems large, it actually represents the lowest rate of...
CoreLogic

Despite 18 months of declines, mortgage delinquencies show cause for alarm

The nationwide mortgage delinquency rate keeps descending lower, with June marking the 18th consecutive month of annual drops, according to CoreLogic. However, some...
Delinquencies Fall While Prepayments Rise

Delinquencies Fall While Prepayments Rise

Delinquency rates and serious delinquencies both fell in July, as the prepayment rate increased, according to the latest Mortgage Monitor report from Black...
CMBS delinquencies

Delinquencies rise in more recent CMBS, belying a broader drop

While delinquent loans in commercial mortgage-backed securities continued trending downward, there was an uptick in more recent originations, a Standard & Poor's report...
Improved Affordability and Falling Delinquencies

Improved Affordability and Falling Delinquencies

After 16 straight months of declines, falling interest rates helped to improve the national affordability landscape and stem the slowdown as annual home...
delinquency

Delinquencies Recover from Spike – DSNews

Prepayment activity hit its highest levels since 2016 while delinquencies recovered from their June spike, according to the First Look at July 2019...
Delinquencies

Mortgage delinquencies down in May, but broader data sends mixed signals

The mortgage delinquency rate sits at its lowest point in over 20 years after descending annually for 17 straight months through May, according...
MBA: Mortgage applications fall further as borrowers become less sensitive to lower rates | 2019-07-10

Mortgage delinquencies spike 11% in June, but blame the calendar | 2019-08-05

Mortgage delinquencies rose to 3.73% in June from the prior month’s record low, according to Black Knight. The 11% spike was the biggest...
CHLA

CHLA wants FHA loans with forbearances removed from Neighborhood Watch

Removing Federal Housing Administration-insured mortgages with natural-disaster forbearance from the agency's delinquency tracking database would give investors a less-distorted view of loan performance,...

Recent Posts

Most Popular

Quantcast

Fodder System | How to Grow Your Own Livestock Feed on the Homestead |...

Fodder System | How to Grow Your Own Livestock Feed on the Homestead | Homesteading Simple Self Sufficient Off-The-Grid | Homesteading.com
Living in New York, then moving to DC

How to reupholster a couch

Welcome! A few issues back, I told you I was on the hunt for a sofa to replace our in-the-meantime couch....
da Cecilia

personal loan online eligibility – Qgoa Callboyx

personal loan online eligibilitypersonal loan online eligibilityAnswer : I recommend you this site where you can find the best solutions for your financial...
市川 紘(Ko Ichikawa)

全米最大の仲介会社KWが日本進出を発表。 – 市川 紘(Ko Ichikawa)

速報ベースになるのですが、アメリカの大手老舗仲介会社Keller Williams(通称KW)が日本市場への進出を発表しました。KWは、2018年実績でエージェント数159,447人、成約数1,095,874件、取引総額$332B≒36兆円(予想売上約9,000億円)と、単体のフランチャイズとしては全米最大の仲介会社です。(グループ連結では、Century21・Coldwell Banker・Satheby’s等を傘下に収め約30万人のエージェントを抱えるRealogyの方が大きいです)KWは2018年にNewsWeekによる「不動産会社ブランド調査」NO.1、Indeedの「Top-Rated Workplaces: Best Culture」NO.1を2018年に獲得し、Forbes誌の「The 10 Happiest companies to work for」にNIKEやAdobeと並んで選定されている押しも押されぬトップブランド企業です。日本参入に関して判明している情報は今のところ限られており、・2019年の10〜12月に第一号オフィスを開設予定・山本マーク豪氏がRegional Operating Principalとして日本支社を率いる・同社のシステム・ツール・事業モデルとKWのリソースを最大限に活用し、提供価値を日本に向けにカスタマイズしていくといった情報しか入ってきていません。今回は、このKWをより深く理解するため、急いで「過去」「現在」「未来」に分けた解説を書きました。まずは簡単にKWの歴史を振り返ってみたいと思います。KWは1983年創業にテキサス州オースティンでGary KellerとJoe Williamsが創業した比較的歴史の浅い仲介会社です。才覚のある二人に率いられたKWは創業後わずか2年後の1985年にオースティンでトップの仲介会社となります。しかし、警戒感を強めた競合によるトップエージェントの引き抜きに苦しめられ、ほどなくしてトップの座から陥落します。そういった経緯から他社の引き抜きへの対抗手段としてGary Kellerが中心となって考案したのが、Profit Shareというモデルです。(こちらの詳細は後述します)1987年にローンチされたこのモデルは爆発的な人気を集め、翌1988年にはすぐさまオースティン首位の座を奪還。勢いそのままに1991年には、自社のビジネスモデルをテキサス州内にフランチャイズ展開、さらに1993年にはオクラホマを皮切りに全米展開しました。その後は、全米各地でみるみるうちにエージェント数を増やし、100年以上の歴史を持つ老舗仲介会社を抜き去り、2013年にはついにエージェント数で全米1位まで上り詰めたのです。2013年中にエージェント数が全米トップに(出典: https://scottschlosser.kw.com/2018/02/02/keller-williams-reigns-as-no-1-real-estate-franchise-in-the-u-s/)当時、新興仲介会社だったKWがここまで躍進する契機となったのは、間違いなくProfit Shareの導入です。Profit Shareの大まか流れは以下のようになります。①1人のエージェントが成約を獲得した場合、通常の仲介会社と同様にKWが成約手数料からマージンを徴収②このマージンに対して一定の係数をかけてProfit Shareとして現場に還元する総額を計算③上記の総額は成約したエージェントを勧誘したエージェント、また更にそのエージェントを勧誘したエージェントと7世代前まで遡って一定の比率で分配される若干古い情報ですが、手元にある2009年のカリフォルニア州パームデールの実データで詳しく図示します。成約1件あたりのProfit Shareイメージ図驚くべきことに、エージェントHは自分がかつて勧誘したエージェントの7代も先のエージェントの成約からProfit...

Pin It on Pinterest